お知らせ

「名前のことだま®」再開します。

この春、4/1から
「名前のことだま®」というものを
改めてやらせていただくことにしました^^


ことだまって何?って方のために
まずはカンタンにそのご紹介をさせてくださいね。


+ + +


五十音のそれぞれの音には意味がある。

その五十音の中のいくつかから構成される名前にも意味がある。

五十音の意味が名前に託されるとそれは、
その人の使命や、
この人生での役割や、
この世界でぜひとも発揮してほしい才能・・・を示してくれるものになる。

そう、名前から使命が分かる。
名前からあなたがあなたの人生で発揮すべき大切なことが分かる。

それが「名前のことだま®」です。


創始者は山下先生
大元はこちら「」です。


+ + +


・・・っていうのんを、ざっくり4年くらい前までさせていただいていました。


当時はお名前の鑑定をさせていただいてたんですけど、
再開するにあたっては、鑑定というよりも
その人のお名前の音の意味をピックアップ(フューチャかな?)したものから1冊の本をお作りする、、、そんなことをしたいと思っています。



それはどんなものかといいますと、

「私の名前ってこんな意味があるんだ」
「そうか、私にはこんな使命が、こんな才能があるんだ」
「ってことは、やりたいことにぴったりやん。よし、がんばろ♪」
「今はまだ何がしたいか分からないけど、それを探すときの目印にしよう」

そう思ってもらえ、
そう嬉しく思ってもらえ、
モチベーションをあげたい時や
自分を奮い立たせたい時、
落ち込んでこころ細くなった時、、、なんかに折に触れて読み返したくなる、
どんな時でもあなたの味方となるようなそんな1冊。

それをお届けしたい。
そう思っています。

(ご要望によってはご自身の写真なんかも使わせていただいたりして、
 ずっとずっと大事にしたくなる1冊をお作りしたいな)



再開するなら、前と同じではおもしろくない。
前とおんなじレベルのままではまた改めてやる意味がない。
前よりもバージョンアップした私でお届けさせていただきます。


+ + +


で、再開したいと思った理由は2つです。


たった1人に向けてのたった1冊を作りたい。


まず1つ目の理由は、
『“以前にしたかったこと”、でも“当時はなかなか難しかったこと”が、今なら手軽にできることに気づいたから』です。

これが、『本』のことですね。

前にさせていただいていた鑑定は
A4サイズのもので20~30ページになるもので、
(お名前によってページ数は変わります。やっぱり音の数によってね)
じっくり読んでもらえるもの。

でも、私の中で
「持ち歩きやすいものを作りたいなぁ」
そんな想いがずっとあって。

当時は、『本』というカタチにするには1冊数千円はかかり、
日数も10日~2週間近くかかりました。

それプラス、やり取り&私が作る時間もかかるので、、、
期間にしても料金にしても現実的ではなかったんですよね;

「できないことはないけど、そしたら1冊いくらにしたらいいのだろう。。。」

量産するなら悪くはないんだけど、
私が作りたかったのはたった1人に向けてのたった1冊なので、
やはり現実的とはいえませんでした。


でも、、、今は手軽に作れる~。

たった数年でこんなにもいろいろ便利になっているなんて、ほんっとありがたいです。

そしてそんな恩恵を受けながらも(個人的には作ってたのでね)、
そのことにまったく気付いておらず;

で、去年の年末にハッと気づいたんです。
「・・・今ならできるやん!」と。

これが1つ目の理由です^^



鑑定を受けてくださった方がそれを今も大切にしてくださっているのを知ることができたり、その鑑定は誰かの中で今も現役で生きているんだなぁ、そう思ったとき、「ああ、そんなに大事なものを手放してしまったんだなぁ」、そう初めて痛感したのです。


次に2つ目の理由です。

去年末、ことだまのことを思い出すきっかけが立て続けにあって、そのときに
鑑定を受けてくださった方がそれを今も大切にしてくださっているのを知ることができたり、
その鑑定が誰かの中で今も現役で生きている、そう思える機会にめぐまれたんです。

や、生きているっていうか、今も育っている、っていうか、その方たちそれぞれが育ててくださっている。

そのことにふれたときに、
ありがたいのと同時に
「ああ、そんなに大事なものを手放してしまったんだなぁ」
そう初めて痛感しました。

で、どうしようかなって思ったんですけど、
人生後悔するのはイヤなので戻れないかダメ元で打診してみたら、
すんなりとオッケーをもらえました。


前のような活動の仕方ではないかもしれないけれども、
あれから色々積み重ねて
うまくいくときもうまくいかないときもいろいろ経験して
(実は前はいきなりポンっと軌道にのってしまったので、いろいろあんまりよく分かってなかったんですよねぇ)
そんな今の私だからこそできた深みや奥行きがあるはず。


さらにバージョンアップした私でお届けさせていただきます。
改めまして、どうぞよろしくお願いいたします。


+ + +


「再開したいと思った理由はいたってシンプル。だから、きっと短くまとめられる」
そう思いながら書きはじめたんですけど、思いのほか長くなってしまいました。。。orz
(詰め込みすぎなのかなぁ;)

本のことについては
また別途改めてご案内させていただこうと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします^^

(とにもかくにも、サンプル本をご用意しないとどんなものかイメージできないですよねぇ^^;)